スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
らき☆すたとか
今期もすげー量の新しいアニメが放映始まりましたね。
今まで見た中でGUHICOが気に入ったりなのは「ひとひら」と
「ぼくらの」かな~。それ以外はあんまりピンと来なかったり。
あ、でも、鬼太郎は最初の不安とは裏腹に中々いい感じですね。
あと、グレンラガン。正直、近年のガイナの無駄に勢いのある
演出や動きって苦手なのですけど、これは結構話で引き込まれ
そうな予感。かなり面白そう。

で、イロイロ話題のらき☆すたも見ましたよ。
EDでキョーダインときたか…すごいチョイスだ(w
これ、毎回こんな感じでEDが特撮、アニソンのカラオケに
なるんだろうか…。もう3曲入れたとか言ってたし。

個人的には特撮ソングなら宙明サウンドが大好きなんで、
平野綾の歌う大鉄人ワンセブンやジャッカー電撃隊なんかを
是非聴きたいって感じだけど(笑)、それじゃ普通に
かっこよすぎて受けは狙えないかな~。
そもそも今度はアニメからかもしれないけど。
とりあえず、ひそかに楽しみ。

だけど、こういうオタネタ演出ふんだんに使われてたりするの
(最初からいきなり怪物くんで噴いた)とか、4コマ作品が
原作ってところからくる細切れ感ある作風を見てると、
どうもシャフトって単語が頭をよぎったりよぎらなかったり。
こなたのしゃべり方もどことなくベッキーっぽい感じ?
…こんな風に思うのは自分がシャフト信者だからですか(w

ともあれ、動きまくる超絶動画&愚直なまでに(もちろん
良い意味で)原作を忠実に再現する京都アニメーションが
作ったらき☆すたは、手抜き寸前の省エネ動画を演出の域まで
持ってくセンス&原作を大胆にアレンジしてしまうシャフトの
ひだまりスケッチやぱにぽにと見比べてみたりすると
スタジオの作風が全然違うだけにイロイロ興味深いですね。
特にひだまりとらき☆すたは原作のテイストが割と
似通ってますし。

内容的には…忠実にやろうとするとああいう感じに
なるんだろうなぁとか、向き不向きってあるよなぁとか。
とりあえずここは信者っぽく、シャフトの作ったらき☆すたが
見てみたいなぁとか言っておこうかな(w
実写で再現されるチョココロネ見たかった~とか、そんな。

いやまぁ、ぶっちゃけシャフトだって、ねぎま!?はアレなことに
なってましたし(全員スカキャラになる回は好きだったけど)、
ホント、作風にあった仕事を選ぶのって重要だなぁとか
そんなことを思ったり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。